Nox

経済産業省 デジタル等クリエイター人材創出事業『創風』採択作品

タイトルの「Nox」はラテン語で「夜」の意。

「Nox」の物語は、夜、自室でスマートフォンを触る「私」から始まる。

本プロジェクトでは、MR(複合現実)技術を用いて、目の前の現実世界で展開されるストーリーを、インタラクティブで臨場感のある体験として提供するという新しい表現に挑戦する。MRヘッドマウントディスプレイで観賞することにより、体験者のこころと身体に染み込んで忘れられない作品を制作する。

Creator

ナカダリオ

17歳.高校2年生.

10歳頃から映像制作を始め,映像編集ソフトを触るうち3DCGモデリング,アニメーション制作に興味が移行, AR(Augmented Reality)アプリの開発を始める.他,インタラクティブアート,ジェネレーティブアート制作を行う.MENSA会員.

主な受賞歴:Apple WWDC22 Swift Student Challenge Winner, 文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業創作支援プログラム採択, 経済産業省デジタル等クリエイター人材創出事業『創風』採択

Statement:

アートとテクノロジー,リアルとバーチャルの融合についての興味を主軸に,創作活動を行う.

MR技術を駆使し,未来への可能性と希望を見出す萌芽となる作品制作に取り組む.

日々,自身の苦しみ,悲しみ,絶望と向き合い,この世は地獄だと感じる.と同時に,世界は美しいと信じたい.

そんな相反する想いを作品に昇華させていく.

LinkInstagram

桝田康太

社会課題に関心があり、独自の視点でいくつかの問題に取り組んできた。

有害鳥獣の問題ではレジ袋有料化を受け、革のエコバッグを制作販売した。竹林の問題では放置竹林が獣の温床になってしまっていること、また竹が持続可能な素材として有用であることから、竹細工としての活用、竹を原料とした製品の開発に取り組む。

アニメやゲームの好きが講じて、現在は主にUnity、Blenderを使った映像制作をしている。特にエフェクトや実写合成などの制作を得意としている。